« 第1回 時は満ちた。やる気はない。 | トップページ | 今週の週刊サッカーダイジェスト »

第2回 ネットの海は広大だわ。

2007年4月その1

ちょろちょろとネットで検索開始。
個人旅行記が面白すぎるので、準備が進まない。

チベット総合情報…I Love TIBET!
【チベット旅行の基礎知識】
エクスプロア中国:中国旅行記チベット
もっと、遥かな山旅を2006年-2007年 青蔵(チベット)鉄道でラサへ行く旅
青海チベット鉄道紀行
日本で予約する青海チベット鉄道(青蔵鉄道)個人旅行記

この時期は、チベット鉄道の旅行記がネットで出始めた頃であり、雑誌とかでも特集が組まれ、注目を集めていた。

ネットに転がっているチベット旅行記は、だいたい次のように分かれると感じた。

・海外バリバリのバックパッカーで、チベットは通り道。
・中国大好き。中国語ペラペラ。
・パックツアーで世界遺産巡り。

さて、どれにも当てはまらない自分は、どう行くべきか。

・バックパッカーにはあこがれる。
・中国語はしゃべれない。
・パックツアーは楽でいい。


とりあえず、この方面のツアーに強い風の旅行者と、西遊旅行に資料請求。
見所とか日程の目安を参考にさせてもらうことにする。

そして、地球の歩き方は、微妙に情報が古い。
中国は1年経ったら制度も料金も全く変わるようだ。

旅行者の最新の情報が入ってくるサイトとしては、
海外旅行@2ch掲示板の中国、チベット関係。
旅行人の掲示板。
旅行のクチコミサイト フォートラベルの旅行記、クチコミ。
が参考になった。


ネットでかけずり回って、得られた情報は次のようなものだった。

中国へ2週間以内ならビザは不要。しかし、チベットに入るにはビザが必要。(不要という噂も)


チベットに入るには外国人許可証(パーミット)が必要。(不要という噂も)

チベット鉄道のチケットは、現地でも入手困難。

観光シーズンのポタラ宮の入場券は、一日並んでも入手できない。

とにかく、気になるところが全てあやふやだ。
(これは、ツアーのほうが楽かな)
と思い始めてはいたが、個人参加だと通常料金が5万円以上跳ね上がるのが、
貧乏性の自分としてはちょっといやだった。

« 第1回 時は満ちた。やる気はない。 | トップページ | 今週の週刊サッカーダイジェスト »

中国・チベット旅行2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62635/40793683

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回 ネットの海は広大だわ。:

« 第1回 時は満ちた。やる気はない。 | トップページ | 今週の週刊サッカーダイジェスト »

最近のトラックバック