« あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 【映画】「トロン:レガシー」 IMAX 3D 吹き替え版 »

【映画】「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

公式サイト

内容:
日本人が初めて世界に挑むSFエンターテインメント

感想:
まったく予定になかったが、誘われたので見ることになった。
シネマハスラーの映画批評で全体内容をうっすら知っている状態で鑑賞。
アニメも再放送で見たことあるけど、がっつり把握はしていない。

映画館へ行くのが久しぶりだったが、家で見るのと集中の仕方が全く違うなと思った。
というか、家で見てたら早送りしてるかもしれない。
CG・特撮は合格点。すごくがんばってる。
映画に対する期待値のハードルをできるだけ下げて鑑賞すれば、
けっっこう満足できる映画だと思う。

予告:
あしたのジョー」の力石とお嬢さまが漫画に似せており好印象。それに比べて、ジョーと丹下段平はどうだろう?たぶん見にいくことなはいが。

ネタバレあり批評:

1年やったアニメをあの尺に収めるのは難しいと思うけど、超展開すぎる。
映画の中に時間の感覚がないため、あっという間にイスカンダルに到着して、
それこそ帰りは一瞬でもどっているように見える。
タイムリミットを表示するとか、コックピットがボロボロになってるとか、
なんらかの表現方法はあっただろうに。

黒木メイサはツンデレ設定なのは許すけど、そこでキスするのっておかしくない?
館長代理のキムタクが、ワープ中にセックスしてていいの?
みんなもいつのまにかワープに慣れててコントのようだった。

あと、出発してすぐ酒を飲む黒木メイサ、監禁されてるキムタクに酒を勧める乗務員など軍としてひどすぎる。
敵に勝つ度にキャッキャウフフしている乗組員達に苦笑。
戦争の緊張感がない。
操縦室のむかって右にいたメガネのキャラが立ちすぎで、ずっとそこ見てた。

戦闘機が一機ずつしかでれないとか、格納庫が狭すぎるとか、
見え見えの死亡フラグとか、ヤマトの乗組員って何人なんだよとか、
つっこみどころは限りない。

アナライザーは、声だけかと思ったらそうきたか。
あそこは良い演出だった。

一緒に行った友達の感想
「キムタクは、古代進を全く演じてない。キムタクが、ヤマトに乗っているだけだ。」

« あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 【映画】「トロン:レガシー」 IMAX 3D 吹き替え版 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

あけおめ、ことよろです。

感想のうp、39です。

つぎは。トロンレガシーの感想よろしくです。
ちなみに、小生は旧トロンのDVD予約を
ツタヤに入れときました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62635/50485651

この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】「SPACE BATTLESHIP ヤマト」:

« あけまして、おめでとうございます。 | トップページ | 【映画】「トロン:レガシー」 IMAX 3D 吹き替え版 »

最近のトラックバック