カテゴリー「映画・テレビ」の42件の記事

【テレビ】「地下クイズ王決定戦 」

朝方にテレビつけたら再放送をやってたのが面白くて。
たぶん今テレビでやっている番組の中で、最もクイズ番組らしいクイズ番組。

芸能ゴシップ、殺人鬼、オカルト、裏社会、宗教、SEXのジャンルから10~50点の問題の取り合い。
Part2のAV男優しみけんさん出場から、クイズ番組として深さが増したと思う。

YouTubeの公式で、まるまる視聴できるので暇な人はどうぞ。
BAZOOKA 第1回地下クイズ王決定戦
BAZOOKA 第2回地下クイズ王決定戦
BAZOOKA 第3回地下クイズ王決定戦

7月6日に第4回が放送予定。

QUIZ JAPANという本が出ているらしいので、これ読みたいな。
もしかしてクイズブーム来てる?
QUIZ JAPAN 公式サイト

【テレビ】「かぐや姫の物語」

かぐや姫の世話係の女童が一番よかったです。
最初は、意地悪役かなと思ってたんだけど、すごくいいやつでした。
あと見所は、伊集院光の演技。

現代で、この映画は良くも悪くもジブリしか作れんだろ。
もしくは昭和4、50年代のアニメ映画制作会社をそのままタイムスリップさせるぐらいじゃないと。

【映画】「(500)日のサマー」

最近は映画を見ることも少なく、映画館にもいってないけど、宇多丸師匠のシネマハスラーからのムービーウオッチメンは毎週聞いているので映画情報とネタバレだけは入ってくる。

そんで最近のNHK BSはそこで扱ったような映画ばかり選んでくるので、見られるモノがあったら見てみようかなと。

確かこの映画も取り上げられて褒められてたような(宇多丸師匠は落とす評価はほぼしない)気がしていたので、録画で鑑賞。

男として見て、何度も繰り返してみる映画ではないし、あの女はビッチとしか言いようがない。
あのビッチが周りに幸運を運んでくるのはわかるけど、それまでの500日をどうしてくれるんだと。
結果が良ければ、すべてOKって好きになれんなー。

癒やされるのは妹だけ。
クリミナルマインドのドクター・リードがでてた。

あぁ!

「千と千尋の神隠し」って、こんなにいい映画だったっけ?

【映画】「アバター」

コレが見に行こうとしたら、既に終わってた「アバター」なのか。

テレビの録画。やっと視聴完了。
徹底的に奥行きや高度感がある3D向きの構図にしてある。
映画と言うより、アミューズメントパークの映像に近い。
これを3D映画の初期に出したキャメロン偉い!

3丁目やタイタニックに奥行きや高度感があるとは思えないけど、3Dの意味があるんだろうか?
それにしても、テレビで見た自分は負けだな。

なんどめだ ラピュタ

バルス!

来週はアリエッティか。
早いな~。
録画しとこ。

テレビせとうち復活

7月24日のアナログ放送終了で、CATVの「テレビせとうち」配信も終了と思ったら、デジタル放送の再送信が始まっていた。
そういう重要なことはホームページで告知しろよ。
CSI:7を1ヶ月分ぐらい見逃してしまった。

【海外ドラマ】「Dr.HOUSE」シーズン3・4 完走

途中からシナリオにひねりがなくなってきて、納得できるオチが少なく、飽きが感じられる。

また、やたら頭蓋骨を切開して脳に直接治療を加えるのも増えて、グロいから嫌い。

シーズン4でレギュラーメンバーの選抜は面白かったけど、その後が元に戻ってしまった。

もっと納得できる理論詰めの診断と、珍妙な病気でテコ入れを希望します。

【映画】「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

公式サイト

内容:
日本人が初めて世界に挑むSFエンターテインメント

感想:
まったく予定になかったが、誘われたので見ることになった。
シネマハスラーの映画批評で全体内容をうっすら知っている状態で鑑賞。
アニメも再放送で見たことあるけど、がっつり把握はしていない。

映画館へ行くのが久しぶりだったが、家で見るのと集中の仕方が全く違うなと思った。
というか、家で見てたら早送りしてるかもしれない。
CG・特撮は合格点。すごくがんばってる。
映画に対する期待値のハードルをできるだけ下げて鑑賞すれば、
けっっこう満足できる映画だと思う。

予告:
あしたのジョー」の力石とお嬢さまが漫画に似せており好印象。それに比べて、ジョーと丹下段平はどうだろう?たぶん見にいくことなはいが。

ネタバレあり批評:

続きを読む "【映画】「SPACE BATTLESHIP ヤマト」" »

【映画】「運命を分けたザイル」「運命を分けたザイル2」

運命を分けたザイル (原題:TOUCHING THE VOID)

公式サイト

ペルーのアンデス山脈で遭難してから生還するまでを描いたドキュメンタリー。

雪山、骨折、宙吊り、パートナーによるロープ切断、などの言葉にピンと来る人は見るべし。
使用ザイル 45m×8.8~9mm 2本使用。装備は英国らしくBerghaus。


運命を分けたザイル2 (原題:The Beckoning Silence)

公式サイト

1で生還した主人公が、スイスのアイガー北壁に登りながら過去の遭難を解説する。

映画アイガー北壁をまだ見てないのだけど、これを先に見ちゃって良かったのだろうか。
あんなところに鉄道駅が有ることに驚いた。
使用ザイル 長さ不明 材質不明。古い装備を眺めるのも楽しい。

原題がそれぞれ違うので分かると思うけど、
続き物じゃなく、主人公の人が書いた本つながり。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック