カテゴリー「書籍・雑誌」の7件の記事

【本】「日本の10大新宗教」 島田祐巳

新宗教についての雑学本という感じ。
各宗教団体の成り立ちや、成長の過程をさらっと書いてあり、非常に読みやすくおもしろい。
「今度、頼まれて教祖をやることになった。」とか、
「会社をリストラされたんで、宗教団体でも設立しようと思って...」という人は読んでみれば、何か手がかりが得られるはず。
キリスト教系が無かったので、続編にはトム・クルーズのアレをお願いします。

4344980603日本の10大新宗教 (幻冬舎新書 し 5-1)
島田 裕巳
幻冬舎 2007-11

by G-Tools

【本】「ポアンカレ予想を解いた数学者」ドナル・オシア

書いてあることがさっぱりわからない。
チンプンカンプンポアンカレです。
ペレルマンの話だけでもいいやと思って買ったが、インタビューも無いし、目新しい情報もなかった。
そうか!私が知りたいのはポアンカレ予想ではなくて、ペレルマンの変人ぶりなんだ!

ポアンカレ予想を解いた数学者ポアンカレ予想を解いた数学者
ドナル・オシア 糸川 洋

日経BP社 2007-06-21
売り上げランキング : 9692
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【本】「逃亡日記」吾妻 ひでお

「失踪日記」「うつうつひでお日記」につづく第三弾。
マンガコーナーにビニール閉じで置いてあったので、マンガだと思って買ったらインタビュー集だった。
でも、このシリーズの完結編として読めば、面白いので良しとしたい。
しかし、全部違う出版社というのは、どういう大人の事情なのだろうか。

逃亡日記
吾妻 ひでお
4537254653

【本】「ビッグバン宇宙論 上・下」サイモン・シン

夏休み前から読み始めてたのが、やっと読み終わった。
別にページ数が多いわけではなく、さぼっていただけ。

「フェルマーの最終定理」、「暗号解読」に続く、サイモン・シンの第3弾だが、感想を「訳者あとがき」をもじるなら、

「ビッグバン本なら十指に余るほど読んだよ」という人には、読み足りないだろうなぁ。

である。

ビッグバン宇宙論 (上)
サイモン・シン 青木 薫
4105393030
ビッグバン宇宙論 (下)
サイモン・シン 青木 薫
4105393049

個人的には、とっつきやすさ、最新理論、トンデモを全て兼ね備えた、次の2冊をおすすめ。
別冊宝島116 「宇宙論が楽しくなる本」(1993)
別冊宝島138 「宇宙論が怪しくなる本」(1993)
10年以上前だが、この本よりは最新の(今見て正しいかどうかは知らないが)理論が説明されている。
古本でしか手に入らないと思うが。

【本】 Sports graphic Number 660「オシムの全貌」

オシムについて、ストイコビッチとヴァスティッチのインタビューあり。
ヴァズティッチがまだ現役ですか。
「オシムの言葉」とストイコビッチの「誇り」って同じ著者なのか。当然このインタビューも。

スクール水着とメイド服が表紙の本が、どこにもありません。田舎なのに。
田舎だからか?

【本】「ダ・ヴィンチ・コード」中・下(文庫版)

映画になったら面白いかもしれない。

映画になったら何とかなるかもしれない。

それでもトムなら…
ハンクスならきっとなんとかしてくれる……

【本】「ダ・ヴィンチ・コード」上(文庫版)

感想:
作者が思いついた無理矢理なダイイングメッセージを、思いつきで解く人の話?
ダ・ヴィンチのウンチクがまだ少ないので面白くないのだろう。
GW中に中・下巻を読む予定。

最近のトラックバック